二次会の景品を準備する時のコツ - 二次会の景品の選び方

二次会の景品を準備する時のコツ

subpage01

年末年始にはサラリーマンやOLなどが集まって、忘年会や新年会などを楽しむケースも多いです。また事前に一次会に加えて二次会の予約まで入れて、参加者が思う存分に楽しめるように準備を進めるのが、宴会の幹事の大きな役割です。

二次会の景品の基本知識を紹介しています。

その場合には参加者のニーズに合わせて、居酒屋やレストランなどを早めに予約するのがポイントです。



しかし盛り上がりのある宴会を行うためには、趣向を凝らした二次会向けの企画を考えることも重要です。



特にビンゴのようなゲームを企画して、参加者一人一人が景品を持ち帰れるようなシステムにするのが理想的です。


二次会の一人当たりの予算は5000円程度なので、価格が安くても喜んでもらえる景品を仕入れる必要もあります。


通販サイトでもイベント向けのグッズを販売しているので、ゲーム用の景品にも最適な商品を見つけることも容易です。

とりわけ人気があるのは、ネクタイや靴下をはじめとした、実用性の高い商品です。

手帳や万年筆のような文房具であれば、日常生活や仕事でも役立てることができます。


けれども誰もが満足できる景品を用意したい時には、カタログギフトを活用するのがトレンドです。
2000円のカタログギフトもあるので、二次会を行うときの費用の制約があっても、気軽に調達することができます。

食品や雑貨などの商品ラインナップが充実したカタログギフトは、各種イベント用にも最適です。
ネット通販サイトを利用すると、参加者数が確定した段階で、購入することも可能です。